星野健一(1982-)のブログです。コメントはTwitterアカウントからお願いします。

by 星野健一

年表 空海 文学作品




明治以降に刊行された空海を扱った作品の初版年・作家名・作品名を整理すると、次のようになる。単行本化や全集・選集への再録の情報は、初出が不明の幸田露伴と収録文献が紛らわしい千葉鼓堂の場合を除き、省略した。研究や読書に役立ていただければ幸いである。


明治四十二年(一九〇九)

◎幸田露伴「文學上に於ける弘法大師」

※私が調べた限りでは、栂尾密道編『弘法大師と日本文化』(六大新報社、一九二九)で確認できる。

明治四三年(一九一〇)

◎須藤光暉『空海』、金尾文淵堂

年表 空海 文学作品_f0303977_04120078.jpeg

「弘法大師の内面」『雄弁』五(八)(一九一四)もある。

大正二年(一九一三)

◎松田竹の島人「弘法大師」『都新聞』四月一日〜九月六日

大正四年(一九一五)

◎渡辺霞亭『弘法大師』、霞亭会

年表 空海 文学作品_f0303977_04122032.jpeg

大正年(一九一九)

◎大河内翠山「弘法大師」『講談倶楽部』月号

昭和年(一九二七)

◎大倉桃郎「弘法大師」『講談倶楽部』十一月号


昭和五年(一九三〇)

◎千葉鼓堂「弘法大師抄傳」(山本勇夫編『高僧名著全集 第二巻弘法大師篇』、平凡社)

※同前『高僧名著選集 第二巻』(一九三四)に再録。

年表 空海 文学作品_f0303977_04124314.jpeg

◎渡邊黙禅「弘法大師」『キング』三月号

年表 空海 文学作品_f0303977_08033214.jpeg



昭和九年(一九三四)

◎直木三十五「弘法大師」(『朝日新聞』一月五日〜二月十九日)

◎武者小路実篤「空海に就いて」(『空海及び其他』、山本書店)

年表 空海 文学作品_f0303977_04130132.jpeg

◎岡本かの子「祕藏寶鑰より」「十佳心」「卽身成佛義より」等(『綜合仏教聖典講話』、交蘭社)

◎菊池寛「弘法大師」『キング』六月

昭和年の菊池寛「弘法大師」『日の出』十一月号及び菊池寛『仏教聖典を語る叢書 第十二巻』、大東出版社との関係は未調査。



昭和二六年(一九五一)

◎長与善郎「最澄と空海―シナリオ風脚本―」(『中央公論 文藝特集』(八))

年表 空海 文学作品_f0303977_04132544.jpeg

※そのほか、昭和三一年に「弘法大師の人となり」(『大世界』十一(九))も書いている。

昭和二九年(一九五四)

◎丹羽文雄「弘法大師の末裔―高野山の苦悩―」『別冊文藝春秋』(三九)

年表 空海 文学作品_f0303977_04135535.jpeg

昭和38年(一九六三)

西野寿二『空海』、理論社


昭和四八年(一九七三)

◎司馬遼太郎『空海の風景』(『中央公論』八八(一)〜八九(十二))

年表 空海 文学作品_f0303977_04141322.jpeg

※そのほか、昭和五六年の「空海・芭蕉・子規」(『俳句』二五(五)。赤尾兜子との共著)、昭和五八年の「宇宙飛行士と空海」(『文芸春秋』六一(十)。立花隆との共著)もある。

昭和五九年(一九八四)

◎陳舜臣『曼陀羅の人 空海求法伝』、ティビーエス・ブリタニカ

年表 空海 文学作品_f0303977_04143143.jpeg

◎早坂暁『空海』、大和書房

年表 空海 文学作品_f0303977_04144957.jpeg

※同年に北大路欣也主演で公開された同名映画のシナリオである。漫画版も刊行されている。下記は映画台本と漫画。

年表 空海 文学作品_f0303977_04150851.jpeg

年表 空海 文学作品_f0303977_04152472.jpeg

年表 空海 文学作品_f0303977_04154072.jpeg

◎松本清張「空海入唐の謎」「大都・長安」等(『密教の水脈をみる空海・中国・インド』、講談社)

年表 空海 文学作品_f0303977_04155401.jpeg

◎稲垣真美『空海』、徳間書店


昭和六〇年(一九八五)

◎寺林峻『空海 高野開山』、講談社

年表 空海 文学作品_f0303977_04161001.jpeg

※以降も、平成二年の『もう一人の空海』(春秋社)など空海に関連する作品を幾度も刊行している。

平成三年(一九九一)

◎榊莫山『空海書韻』、美術公論社

年表 空海 文学作品_f0303977_04162428.jpeg

年表 空海 文学作品_f0303977_04172794.jpeg
              莫山先生なつかしい。。。。     


平成十四年(二〇〇五)

◎三田誠広『空海』、作品社

年表 空海 文学作品_f0303977_04174205.jpeg

※そのほか、『謎の空海―誰もがわかる空海入門』(河出書房新社、二〇〇七)を刊行している。法華経をよく読んでおり、空海と法華経との邂逅に言及する珍しい作家。

平成十六年(二〇〇七)

◎夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』、徳間書店

年表 空海 文学作品_f0303977_04175723.jpeg

※平成三〇年に染谷将太主演で公開された映画『空海 美しき王妃の謎』の原作である。夢枕獏は、エッセイ集『空海曼陀羅』(日本出版社、二〇〇四)の編著者や空海を主人公とした漫画の原作者を務め、自身の空海論『幻想神空海』(マガジンハウス、二〇一四)も上梓している。

平成二七年(二〇一五)

◎高村薫『空海』、新潮社

年表 空海 文学作品_f0303977_04181144.jpeg

※初出は、連載「二一世紀の空海」(共同通信社)。平成二九年には、徳島県立文学書道館で、「文学特別展 髙村薫の見た空海」が催された。

令和二年(二〇二〇)

◎服部真澄『小説空海 最勝王』、kindle


# by dreamingmachine | 2022-12-31 18:20 | 近代仏教研究